私の在宅ワーク ~その21~ 「段落分け業務」を退職する事にしました。

こんばんは、ぷり子です。

在宅ワーク、最近、状態が芳しくありません・・・

モチベーションダダ下がりになってた、

「段落分け業務」。

《私の在宅ワーク 〜その21〜 段落分け業務のやる気、ダダ下がり( ̄ー ̄)》

これは、色々考えた結果、やめる事にしました。

理由1

時間とられる割に、単価低過ぎ。

理由2

業務にとれる時間が無くなってきた。

今までは、ぷりっと太郎が寝た後、

ぷりっと太郎を夫にみてもらい

(って言っても、ぷりっと太郎の横で寝るだけですけど。)

それから、作業にはいってました。

だいたい、日付変わる頃から2時ぐらいまで。

日中、育児・家事をしているので、

夜、遅い時間の作業でも、最初は、苦になってなかったんです。

《私の在宅ワーク 〜その15〜 新しい仕事にリズムができてきました。》

でも、やってる文章の内容が、

かなり頭を使う内容(難しい文章)のものだったり、

戦争ものだったり、と

夜中にやるのが、だんだんと苦痛になってきていました。

なので、日中、ぷりっと太郎が寝ている時間を見つけて、

作業したりもした時期もあったんですが、

やっぱり、ぷりっと太郎が起きると、作業は中断してしまうので、

日中に行うのは難しかったです。

ちょうどその頃、夫の仕事も忙しくなり、

夜間での現場作業がはいったりする事も多くなり、

夜に、作業時間をとる事もできなくなってきました。

そんな状況と、モチベーションが下がっている状況とが重なったので、

もう、続けてもな、、、と思い、退職する事にしました。

結局、普通の作業(その会社が受けている受注案件)を行うレベルまでには

到達できず、

作業に慣れる為の、練習段階での終了となりました。

退職までは、退職意志を伝えてから

1ヶ月は在籍しないといけません。

上長は、

「(退職日まで、)作業を行うかどうかは任せます」的な感じでしたが、

その上長よりも上の方からは

「退職日まで、できる限り多くの作業を行ってください」との

メール連絡がきました。

退職理由は、

業務にとれる時間が無くなったからである事は伝えているし、

受注案件を行う事もできない、練習のみのレベルの私なのに、

なぜ、作業をそんなに行わなければならないのか、

よく分かりません・・・。

受注案件を行えるレベルであれば、

退職日ギリギリまで作業を行うべきなのか、分かるんですが。。。

謎です。

練習問題を私が行うと、

私の上長は、それをチェックしないといけません。

辞める事が決っている私の作業をチェックしてもらうなんて

気がひけます・・・

多分、退職日まで、もう、作業は行わないです。。。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。